GAME SOMMELIER

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト

--.--.-- | Comment(-)
imgGOTY.jpg

dot shi's Award 2013

作家がよく受ける「どのように書くのか」という質問に対し、モダン・ホラーの巨匠、スティーブン・キングはこう答えた。「一度に一語ずつ」。一瞬なにかのジョークなのかと考えてしまうが、これは一語ずつの積み重ね、物書きはひたすら机に向かい言葉を生み出していくしかないという意味だ。私がブログを始めて数年になるが、自分の感じたことを言葉にして表現するのは難しい。あらためてそう思う。ブログを始める前や中断していた時期は、「私ならこう書くのに」「ここはこっちの表現のがいいな」といったことを考えるのだが、いざ自分がとなると案外書けないものだ。それはサッカー中継を見ていて「もっと走れよ!」「なんでそこで失敗すんの」と思うのと同じかもしれない。当事者にしか分からない苦悩がある。でも私は書くことが好きで、ブログのおかげでもっと好きになった。的確な表現を探すのは、ジグソーパズルで形の合うものを選ぶようなもので、ピースがはまったときは最高に嬉しい(あとで嫌になって直すこともあるけど)。リニューアルしてからまだ何本かしか書いていないけど、来年はもう少しペースアップしていけたらと思う。そういうわけで、来年をよりよきものにするために、2013年を振り返ってみよう。


2013年の栄えあるゲーム・オブ・ザ・イヤーに輝いたのは『Grand Theft Auto V』だった。これについて皆さんはどう思うだろう。実際にプレイしてみれば、わずかな異論さえも完全になくなるはずだ。この作品は採掘場で働く巨大ダンプカーのようなもので、他はせいぜい道路工事のショベルカー。街の作り込み、ストーリー、ボリューム、その他すべての面において質/量ともに他を圧倒している。私ももちろん納得であるが、一方で『The Last of Us』も捨てがたい。実は未プレイなのだが、“次やるリスト”のなかでは筆頭。PS4発売までの2ヶ月でなにがなんでもプレイする!
今年プレイした大作といえば『Tomb Raider』だけど、私の中では佳作止まりだった。たしかに面白いんだけど、卒なくまとめられているという感じで、心に響くものはなかった。


この他にも2013年にはたくさんの作品が発売され、勢いはさらに増している。次世代機発売がひかえているにもかかわらず、だ。まるでロックバンドのライヴ、それもアンコールのときのようなハイテンションで次世代機に引導を渡せるとは!ライヴは明日以降も続くようである。『Metro: Last Light』『Beyond: Two Souls』『The Walking Dead』は確実にプレイしたいし、ウィッシュリストに長いこと名を連ねている『Dishonored』『Borderlands2』『Kingdoms of Amalur: Reckoning』もそろそろ始めたい。
さて、年末恒例、dot shi's Awardの発表といこう。『Mirror's Edge』(09)、『Alan Wake』(10)、『Mafia2』(11)、『L.A.Noire』(12)と選出してきた風変わりなアワードも5年目を迎えた。恐縮だが、今年はエンディングまで行き着いたタイトルが少なく、選考対象はかなり限られてしまっている。そのため『GTA5』や『Bioshock: Infinite』、『Deus Ex: Human Revolution』は翌年のアワードを争うこととなった。


3rd Assassin's Creed 2
フィクションに史実が絡むとがぜん面白くなる。それが古代文明の謎だったり戦争の裏話であったりするのだが、『Assassin's Creed 2』はルネサンス期のイタリアを舞台に選んだ。サン・マルコ広場やリアルト橋といったランドマークから、パッツィやメディチといった実在の人物たちが街に命を吹き込む。そのなかでも好人物のレオナルド・ダ・ヴィンチは必見だ(このおかげで私のダ・ヴィンチのイメージは固まってしまった)。においまで感じられそうなほど緻密に再現されたイタリアは、ただ歩くだけでも楽しめる。至高のタイム・トラベルだ。


2nd Call of Juarez: Gunslinger
いわゆるバレットタイムや『Red Dead Redemption』でいうところのデッド・アイによるスピーディなゲーム展開が、忘れかけていた攻略という感覚を呼び起こす。ユーモアたっぷりの会話と演出は、ストーリーを軽快なコメディのようにテンポのいいものにしている。本編以外のモードも用意されていてボリュームは十分。本作により配信タイトルに求められる水準は間違いなく上がった。


1st FarCry3
この作品をプレイしたとき、実際のところ私のなかでGOTYレースは終わっていた。興奮がいっぱい詰まったオープンワールドと、次第に狂気がシンクロしていくストーリーは、これまでにないゲーム体験だった。この先、私のオールタイム・ベストにも間違いなく挙がると断言しよう。








2013.12.30 | Comment(4)
imgFarCry3.jpg

The Dark Side of the Moon

ピンク・フロイドのアルバム『狂気』から40年、『FarCry3』が再びあなたを狂気の世界へいざなう。舞台となるルーク・アイランドは手つかずの自然とスカイブルーの海が広がる美しい島だ。忙しく退屈な日常を忘れ、最高のバカンスを満喫できる。だが、この島には隠された側面がある。それは暴力、麻薬、セックスにまみれた凶悪なもう一つの顔だ。そこで起きる目を背けたくなる現実を、あなたは一人の米国人、ジェイソン・ブロディを通して目撃する。さあ、狂気の世界へ飛び込もう。月の裏側へ、ようこそ。


近くにあった武器に手を伸ばすと、目の前の男は俊敏に反応し、私の首筋にナイフを押し当てた。「私を殺す権利はあるが、私にも同じ権利がある」。奇妙な円盤のアクセサリーを身につけたその男はこう言って、デニスと名乗った。部屋は薄暗く、まじない師が使うようなお香のにおいが満ちていた。私――ジェイソン・ブロディにとってその日は最悪な一日だった。目の前で兄弟を殺され、本物の狂人に追い回され、つり橋を壊されて川に落ち、おまけに変な刺青まで彫られたのだから。ひどく混乱していたが、デニスは警戒しつつ私に起きた出来事を簡単に説明してくれた。こちらが抵抗する意思がないことを示すと、彼は私を縛る縄を荒々しく切って言った。「君を解放してあげよう」。


ここから物語は始まる。最高のオープニング・シーケンスだ。『Far Cry3』はゲームとしての面白さを高めながら、こうしてストーリーテリングの部分も両立している。これまでゲーム的な部分とストーリーテリングの部分とは、水と油のように相性の悪いものと考えられてきた。だが『Far Cry3』はどちらかを犠牲にするのではなく、それが共存可能で、しかもこのハイブリッドこそがゲームにしかできない優れた体験を生み出せることを示してみせた。

栓を開けた炭酸飲料のように、どんなオープンワールドも魅力は時間とともに薄らいでいく。だが『FarCry3』は違った。舞台となるルーク・アイランドには興奮と驚きがめいっぱい用意されていて、最後までプレイしてもその輝きが失われることはなかった。「この先には何があるんだろう?」「ここの景色は最高だ!」といった、少年時代、裏山で遊んだときの純粋なワクワクを再び体験することができる。
絶景ポイントを探したり、隠された遺跡や回廊を見つけたり、ときに野生動物を狩り(ときに狩られ)、気ままに水上バイクに乗ったりパラグライダーで滑空してみたり。敵に追いつめられて崖から落ちたら洞窟にたどり着き、奥でとっておきの絶景を発見といった嬉しいハプニングもたびたび起こる。前作は地味でなにかにつけて不便だったが、そのあるべき姿を形にして新しいアイデアを身にまとわせた結果、文句のつけようのない完璧な作品になった。


だが、この作品を傑作たらしめているのは、テーマ性にある。この作品のテーマ「狂気」は自ら声高に主張することはなく、プレイヤーはそれを意識せず、優れたシューターとしてこの作品を終わらせることも可能だ。だが、さまざまな部分に投影されたものをつなぎ合わせ、特にセリフに注意深くなれば、この作品のもつもう一つの顔が見えてくるはずだ。そのテーマを考えると、この作品の厚みはいっそう増すことだろう。


『FarCry3』はファースト・パーソン・シューターのひとつの完成系と断言しよう。この死ぬほど美しい狂気の楽園は、あなたが戦場や大都市にいく予定をキャンセルしてでも訪れる価値はある。ちなみにアルバム『狂気』は“There is no dark side of the moon really. Matter of fact it's all dark.”という歌詞で終わるのだが、この作品のもつテーマ性を通してその解釈をなんとなく理解できたように思う。

Score: 10/10
2013.12.21 | Comment(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。