GAME SOMMELIER

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト

--.--.-- | Comment(-)
imgGOTY.jpg

dot shi's Award 2013

作家がよく受ける「どのように書くのか」という質問に対し、モダン・ホラーの巨匠、スティーブン・キングはこう答えた。「一度に一語ずつ」。一瞬なにかのジョークなのかと考えてしまうが、これは一語ずつの積み重ね、物書きはひたすら机に向かい言葉を生み出していくしかないという意味だ。私がブログを始めて数年になるが、自分の感じたことを言葉にして表現するのは難しい。あらためてそう思う。ブログを始める前や中断していた時期は、「私ならこう書くのに」「ここはこっちの表現のがいいな」といったことを考えるのだが、いざ自分がとなると案外書けないものだ。それはサッカー中継を見ていて「もっと走れよ!」「なんでそこで失敗すんの」と思うのと同じかもしれない。当事者にしか分からない苦悩がある。でも私は書くことが好きで、ブログのおかげでもっと好きになった。的確な表現を探すのは、ジグソーパズルで形の合うものを選ぶようなもので、ピースがはまったときは最高に嬉しい(あとで嫌になって直すこともあるけど)。リニューアルしてからまだ何本かしか書いていないけど、来年はもう少しペースアップしていけたらと思う。そういうわけで、来年をよりよきものにするために、2013年を振り返ってみよう。


2013年の栄えあるゲーム・オブ・ザ・イヤーに輝いたのは『Grand Theft Auto V』だった。これについて皆さんはどう思うだろう。実際にプレイしてみれば、わずかな異論さえも完全になくなるはずだ。この作品は採掘場で働く巨大ダンプカーのようなもので、他はせいぜい道路工事のショベルカー。街の作り込み、ストーリー、ボリューム、その他すべての面において質/量ともに他を圧倒している。私ももちろん納得であるが、一方で『The Last of Us』も捨てがたい。実は未プレイなのだが、“次やるリスト”のなかでは筆頭。PS4発売までの2ヶ月でなにがなんでもプレイする!
今年プレイした大作といえば『Tomb Raider』だけど、私の中では佳作止まりだった。たしかに面白いんだけど、卒なくまとめられているという感じで、心に響くものはなかった。


この他にも2013年にはたくさんの作品が発売され、勢いはさらに増している。次世代機発売がひかえているにもかかわらず、だ。まるでロックバンドのライヴ、それもアンコールのときのようなハイテンションで次世代機に引導を渡せるとは!ライヴは明日以降も続くようである。『Metro: Last Light』『Beyond: Two Souls』『The Walking Dead』は確実にプレイしたいし、ウィッシュリストに長いこと名を連ねている『Dishonored』『Borderlands2』『Kingdoms of Amalur: Reckoning』もそろそろ始めたい。
さて、年末恒例、dot shi's Awardの発表といこう。『Mirror's Edge』(09)、『Alan Wake』(10)、『Mafia2』(11)、『L.A.Noire』(12)と選出してきた風変わりなアワードも5年目を迎えた。恐縮だが、今年はエンディングまで行き着いたタイトルが少なく、選考対象はかなり限られてしまっている。そのため『GTA5』や『Bioshock: Infinite』、『Deus Ex: Human Revolution』は翌年のアワードを争うこととなった。


3rd Assassin's Creed 2
フィクションに史実が絡むとがぜん面白くなる。それが古代文明の謎だったり戦争の裏話であったりするのだが、『Assassin's Creed 2』はルネサンス期のイタリアを舞台に選んだ。サン・マルコ広場やリアルト橋といったランドマークから、パッツィやメディチといった実在の人物たちが街に命を吹き込む。そのなかでも好人物のレオナルド・ダ・ヴィンチは必見だ(このおかげで私のダ・ヴィンチのイメージは固まってしまった)。においまで感じられそうなほど緻密に再現されたイタリアは、ただ歩くだけでも楽しめる。至高のタイム・トラベルだ。


2nd Call of Juarez: Gunslinger
いわゆるバレットタイムや『Red Dead Redemption』でいうところのデッド・アイによるスピーディなゲーム展開が、忘れかけていた攻略という感覚を呼び起こす。ユーモアたっぷりの会話と演出は、ストーリーを軽快なコメディのようにテンポのいいものにしている。本編以外のモードも用意されていてボリュームは十分。本作により配信タイトルに求められる水準は間違いなく上がった。


1st FarCry3
この作品をプレイしたとき、実際のところ私のなかでGOTYレースは終わっていた。興奮がいっぱい詰まったオープンワールドと、次第に狂気がシンクロしていくストーリーは、これまでにないゲーム体験だった。この先、私のオールタイム・ベストにも間違いなく挙がると断言しよう。








2013.12.30 | Comment(4)

Comment

No title

どうも、ご無沙汰しております^^ もきちです

dot shi's Award 2013楽しみにしておりました!
3位はAssasin's Creed2ですか!
去年の僕の私的GOTYで確か2位にランクインしたような気がします(うる覚えw
1ではあまり心を動かされる、まあ魅了される部分があまりなく評価も並より少し高い程度でしたが
この続編の2は素晴らしい進化を遂げてくれて
かなり衝撃を受けた記憶が未だに残っていますね~
2以降の作品をまだやっていないのでそろそろ始めたいところです!

そして1位はやはりFarcry3でしたか~w
これは予想通りでした笑
僕は、前作をまだプレイしていない側ですが
何となく発売前にYoutubeの紹介動画・プレイ動画を観ていたのですが凄く惹きこまれましたね。
『えっ…Farcryってこんなゲームだったっけ?…』と。
そして発売するや否や、評価も高いですしこうやって多くのゲーマーさんの支持を受けている。
先日、PC版を購入したので前作とあわせてプレイするのが楽しみで仕方ありませんね!

最後になりましたが、今年も本当にお世話になりました!
今年は今まで以上にゲームをする時間が少なくあまり記憶に残らない一年でしたが、来年は是非ご一緒しましょう!


よいお年を!(ってこれが2013年最後の記事なんですかね?^^;

2013/12/30/ 23:56 from もきち  URL

No title

やはりFAR CRY3が一位に輝きましたかー!
今年の発売したゲームの中でも飛び抜けて、進化が感じられれたゲームでしたよね
dot shiさんと本格的にボイスチャットしたのもこのゲームでした(確か…!)
ブログの事、ゲームの事、プライベーツな事wなどお話しながら、協力して実績コンプしたのも2013年一番の思い出です(笑)

そして…Call of Juarez:Gunslinger、Coopの時に好感触の感想は聞いていましたけど、まさか2位にランクインするとは!
Coopの時に話されていた「海外独特の皮肉ジョークを交えたストーリー」と「アウトロー全開のFPS」、最近のFPSで無い所なので、実は気になっております。
来年になってしまいますが、是非とも感想を共有したいですね

それからアサクリ、いきなりのランクインで驚きました!
Coopの際にオススメしたものの、まさかこんな早くやって頂けるとは…今度は自分に番ですね(笑)
レオナルド・ダ・ヴィンチのイメージ、実は自分もこのゲーム通じて興味を持ちました
事実はさておき、やはり遊んでいるプレイヤーを仲間だと思わせるキャラクター作りには脱帽しますよね またエツィオとダ・ヴィンチを担当する声優さん達の掛け合いが上手くて、気が付いたらイタリアにすっかりハマっているんですよね
少し熱くなってしまいましたが、エツィオの残り2作(Brotherhood、Revelation)2がハマれたなら楽しめると思うので、ぜひ遊んでみてください~
記事楽しみにしております~♪

今年もXbox360、ブログ共々、ありがとうございました!
来年もよろしくお願いします

2013/12/31/ 18:04 from NAKARx4G  URL

>もきちさん

コメントありがとうございます!

確かに1作目は褒められるのはグラフィックだけでしたが、
2はまさにアサシンクリードの夢を実現させたという感じですね。
もきちさんの勧めもあって始めてみたのですが、
こんなに面白いならもっと早くプレイしておくべきでした(笑)
『Brotherfood』も早速手をつけたのですが、随所でブラッシュアップされていてこれも同じくらいハマれそうです!

ルークアイランドは訪れるべきです!
観光するだけでも価値があるのでPC版は羨ましいですなー。
是非次世代機発売までにプレイしてみて下さい。ファンとしてもきちさんの感想も聞いてみたいです・・!

昨年はお世話になりました。
ブログだけでなくTwitterやXboxLIVEでもどうぞよろしくお願いします!

2014/01/02/ 02:10 from dot  shi  URL Edit

>NAKARx4Gさん

コメントありがとうございます!

あれだけ私が絶賛していたので『FarCry3』のGOTYは予想できていたと思います(笑)
あの協力プレイは思い出ですねー。あの共闘感はそう得られるものじゃないですよ!
それにVCだとゲーム内容だけでなくブログやクルマ、読んでる本に最近観た映画といろいろ語れて面白かったです。
是非今年もやりましょう!

今回のラインナップの中で唯一ゲームノソムリエ的なのがCoJですよね。
ハイレートをキープしてるときの高揚感はなかなかですよ!
グラフィックも配信タイトルではトップクラスですし、
BGMもこってるので是非プレイしてみてほしいです。

『Assassins's Creed2』の影響で私もイタリアを調べてみたのですが、
実はこのゲームのために作られた街かと思ってしまうほど精巧にできてるんですね。
(医師のあの格好がペスト患者を診る医師の“公式な”姿と知ったときは驚きでした)
次世代機までにできれば『Revelation』まで終わらせたいのですねぇ・・。

昨年はありがとうございました!
今年もお互い充実したゲームライフを送りましょう!

2014/01/02/ 02:29 from dot  shi  URL Edit

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。